ケアスタッフ求人をお探しの方へ。おすすめのサイト

奨学金を早く返済したい、お金を貯めたい、自分の趣味の時間をできるだけ取りたい、という方にオススメなのが特養をはじめとした24時間開いている介護施設での夜勤です。

求人情報を確認すると時給制の施設の場合、夜勤手当として1回あたり3000から8000円が支給、時給制ではない場合、基本給+夜勤手当で日給25000円などで募集されています。

また、それ以外にも資格を取得すると資格手当が追加で支給され、その資格取得費用を負担してくれる企業がとても多いです。

実際に、夜勤専従で働いている方の中には、月の3分の1くらい働いてあとは自由に生活している方もいるようです。

仕事をする上で重要なことはキャリア形成ですね。

キャリアが上がれば給与も上がります。

具体的な手段としては資格を取る、転職するなどがあります。

特に、介護業界はその傾向が強いようです。

まず、はじめに初任者研修・実務者研修を受講してから資格を取得する。

生活相談員の条件を満たして入所から実生活までの相談や援助をする。

介護対象者のケアプランを立てるケアマネージャーの資格を取得する。

など、資格を取ることでキャリアが上がり給与のアップにつながります。

また、転職する際に求人サイトを閲覧すると資格を持っていることでケアマネにも就職できるといったように選択肢も広がります。

商品を買ったりするときに他の人の評価って気になりますよね。

就職活動中の方の場合はそれこそ自分が働きたいと思っている職場の環境などが気になりますよね。

一例として、介護の仕事のイメージでは、人手不足で激務、職員間での悪口が多そうなど悪い印象を持っている人が多い印象です。

求人サイトの中には、採用された方の評価を載せていたり求人サイトの担当者がページ掲載前に実際に企業に伺っていわゆるブラック企業に当てはまらないかを確認して掲載する・しないを決めているサイトもあるようです。

仕事選びをする際には企業の情報だけではなく求人サイトの情報も集めましょう。

介護職の求人を探していると気になる単語がみつかりました。

その単語とは「老人ホーム」と「ケアハウス」です。

この2つの施設は同じ施設のイメージを持たれる方も多いかと思いますが、インターネットで調べてみたところ、「ケアハウス」というのは軽費老人ホームのことで、自治体の助成を受けることで比較的リーズナブルな費用で入居できる福祉施設のことで、「老人ホーム」は民間が運営を行っており、自治体が介入していない施設のことのようです。

2つのサービスの違いとして具体的には、「老人ホーム」には入浴介助等行ないますが、「ケアハウス」の場合ごはんや洗濯などの介護度の低い方が対象になっています。

少子高齢化社会の今、大切な仕事があります。

一例をあげると、介護業です。

今、大切ということは求人件数も多いのではないかと少し求人サイトを見てみたら思っていた以上に正社員としての求人が見つかりました。

働く上で気になる福利厚生も業界全体として理解があるようで出産・育児休暇制度のある企業が多いので休暇後に職場復帰もしやすそうです。

資格取得へのスキルアップやそれに伴う資格手当も設定されているので上を目指したい、給与を増やしたいという向上心を持っている方にも嬉しいですね。

資格手当の額が大きいなど条件のいい会社は人気なので早めにご応募を!就職活動で人気の職種とされている事務ですが、大きい会社ばかり受けているのではないでしょうか。

少子高齢化が進んでいるため近年、介護施設が増えてきており、それに従い事務員の求人も多く行われています。

行なっている業務内容も来客受付や電話応対、備品の確認・発注や請求書の発行など他の企業と変わらない経験を積めます。

また、介護の仕事ならではの部分として、簿記系資格以外に介護福祉士やケアマネジャーなどの介護に関する資格を取得した際には資格手当が支給されます。

その資格を取るための支援も行っていることが多いので自分の考え方次第で思っている以上に給与を増やすことができます。

少子高齢化により老人ホームなどの施設は増える一方です。

それに伴い介護求人件数も増えています。

でも、自力で条件に合った仕事を探すのは大変です。

そんな方は派遣会社を利用してみてはどうでしょうか。

登録していいところとしては、エージェントが求職者の希望に合った会社を探し、実際に会社見学に同行してくれ、応募者が直接施設に聞きづらい質問や条件交渉も行なってくれます。

見学した紹介先に納得し、施設側の条件を満たすと勤務先でのトラブルや不安などの相談にも乗ってくれます。

派遣で働いていると正社員登用の話を聞かされた時にも実際の現場を知っているので参考になります。

余暇を有効に使おうと思いパートを始めようとしたときにどんな基準でさがしますか?多くの方は自宅から近い、自給や交通費支給などの待遇面を考えると思います。

求人条件を見てみると、介護福祉士の資格があるなど社会資格があると給与面で有利になることがあります。

勤務キャリアにブランクがあって不安な方もいると思いますが、多くの施設では休業期間があってもOK!未経験者歓迎という求人が多いので安心して応募できると思います。

また、勤務先によっては勤務時間に融通が利く施設もありますので自分の条件に会うパートを探して見てください。

介護の仕事をしている姉に会い仕事の話をしました。

話を聞いていると「仕事がきついのに給料がかなり少ない」と愚痴っていました。

きっと介護で頑張っている人の中には同じような考えの人も多いのでしょうね。

友人と求人・転職サイトを見ていた時に気が付いたのですが最近は、特定の職種・業種に限定した求人サイトが増えているようです。

職種が限られた求人サイトの中にジョブパワーズという医療介護系の求人サイトがありました。

ジョブパワーズは、申込者と担当者が直接やりとりできることがメリットして挙げられています。

事前に採用担当者とやりとりができるのは応募者側としては納得して面接に備えることができるのでいいですね。

人の役に立ちたいと介護士を志す人が増えています。

どんなことでも初めてやることは大丈夫かな?と不安を多少なりと感じてしまいますよね。

でも安心してください。

求人情報を調べてみると未経験・無資格でも多くの企業が大丈夫としており、働きながら資格取得支援を応援している会社も多いです。

少子高齢化社会と言われる現在、介護の求人は増えているので自分の希望条件に合った企業・施設を慎重に探すことができます。

また、求人をしている企業の中には、事前に職場見学ができることもあるので実際の現場環境を知ってから応募することもできます。

「介護をしない」高齢者施設。

が売り文句の求人情報を見かけました。

介護をしないとはどういうことなのか調べてみたところ、いくつかのことがわかりました。

まず、施設の種類としては自治体の助成を受けて運営している軽費老人ホーム(ケアハウス)のことでした。

一般型と介護型があり、一般型の他に介護型もあり、その違いとしては、介護型の場合職員が入浴や食事介助をしますが、一般型の軽費老人ホームでは、職員は掃除や洗濯などの生活支援はしますが入浴介助はしません。

また、地方自治体が運営を行なっているので通常の有料老人ホームと比べると低額で利用することができます。

この前、介護士の人と話をする機会がありました。

話を聞いて初めて知ったのですが実は介護の仕事は他の職場への転職やキャリアアップがしやすい業界のようです。

話によると、介護の業界では男性も増えてきていますが女性の方が多くキャリアアップやステップアップの障害にならなくスキルアップのための資格取得費を企業側で負担してくれるなどサポートをしてくれる会社が多いみたいです。

また、人手が需要に追いついていないという話を知っていますか。

常に求人があるので求職時に採用がされやすく、資格を持っていればUターン就職を考えても困りません。

仕事をする上で気になってしまうのがお給料ですよね。

よく、収入を上げたいなら「資格を取得しよう」と聞きます。

企業の経営者向けのポータルサイトが調査した結果によると資格の取得支援を行っている企業は約75%、そのうちの約30%は支援期間を設けていたり、受験回数に制限を設けたり「援助に制限を設けている企業」となっています。

他に給与を上げる方法としては、転職があります。

例えば、介護は「常に人手が不足している」といった話を聞いたことはないですか?つまり、労働者としては人手不足は求人件数が多いと同義なので、採用されやすいということに繋がります。

介護業界は積極的に資格取得支援を行っている企業も多く、取得後には給与アップする制度を設けている企業も多いです。

持っていたイメージ以上に、介護業界内では特別養護老人ホームなどの24時間開いている施設での夜勤のシフトは人気なようです。

その理由としては1勤務ごとの夜勤手当がつく企業が多く、夜勤で生活に必要な分だけ働いてあとは自由に生活するなど趣味や自分のために時間が使いやすいからです。

このように介護士などの職業は働き方に自由があるようで前述のように夜勤でのみ働くという方や日中しか働けないという方は日中のみ開いているデイサービス、デイケアで勤務するという働き方が選べます。

思い切って脱サラしてみたけど失敗してしまった。

そういったときに仕事を探して介護の仕事に出会う40代、50代の方もいるそうです。

今までの仕事と関係なくても大丈夫?未経験でも求人しているの?という疑問を思ってしまいますが、介護の仕事を始めるのに早いも遅いもありません。

また、40代、50代とある程度キャリアを積んだ方の中途入社の場合、利用者との年齢差が親子ぐらいに感じるのか思っていた以上にすぐ仲良くなることもあるそうです。

他にも、別の業種、世界を見てきた知識、経験から職場内で今までこれが当然のように思っていたことが変わっていくこともあります。

そのため、介護の世界では59歳までとほぼ年齢制限を設定していない企業が多いようです。

引用:ケアスタッフの求人なら!介護系求人サイトランキングがおすすめ!