保険の無料相談はキャンセルしても大丈夫?

将来のことを考えて保険を契約しようか考えている方、契約を考えているなら相談するサービスを選びましょう。

近所の駅前にあって行きやすいからという選択もいいのですがサービスによっては、黒毛和牛肉やお米をプレゼントしているサービスもあるんです。

流れとしては、web予約フォームから相談日を決めて、保険無料相談後にアンケートへ回答するともらえるそうです。

でも、無料で商品プレゼントを行っているサービスって強制的・強引な勧誘をしてそうという不安な気持ちもわかります。

でも安心してください、最近のFP紹介サービスでは、評判の悪いFPに対して契約を打ち切るサービスもあるなど対策をしています。

近年、人と同じようにペットの家族化、が急速に進んでいます。

例としては、「ペット保険」や「ペット供養」などです。

ペット保険とは、事故による怪我の治療などで動物病院にかかった際の治療費用を保障する保険です。

日本全国、どこの動物病院でも入院給付金や手術給付金を受け取れるほか、オプションとしてガン給付金や死亡給付金の付帯もできます。

ただし、毎年のワクチンは適用外になりますので病気になる可能性の低い若いペットの場合は必要ないという考え方もあります。

気になる方は、保険無料相談サービスでも取扱をしていますので相談してみましょう。

テレビやラジオなどの媒体でよく見る保険無料相談のCMですが、実際には利用方法を知らない人も多いと思います。

なので、ここでは無料相談の利用方法について調べてみました。

一般的な流れとして、インターネット等で相談日の予約をし、希望の場所若しくは店舗で相談という流れになります。

当日、担当者に会ってからは、将来の希望や保険に関する疑問、加入中の保険の保障内容の確認をしますその後、聞き取りをした家族構成やライフプランなどから保険を提案します。

再度、相談者のライフプラン・将来の希望と照らし合わせて保障内容のどういったところが合っているかを一緒に確認します。

保険無料相談サービスを利用しようと思い申し込みをしたけれどなかなか面談予約の折り合いがつかないという人がいるそうです中小のサービス会社の場合、登録してるFPの数が大手サービスと比べて登録者数が少ないためです。

無料で相談を行なえる理由はFPの提案した保険に加入をしてくれるからです。

そのため、契約の見込みの低い案件は優先順位が低くされてしまうという仕組みになっています。

急いで相談をしてもらいたい場合は、キャンペーンを諦めてFPの登録者数の多い大手の仲介業者を利用するか、駅前などにある保険ショップの利用をお考えください。

2017年に出された金融庁からの指導により保険無料相談後に高額な商品券を相談者特典としてプレゼントするのは禁止になりました。

「換金性の高い商品の提供の禁止」という金融庁の指針を受けて各サービスでは、商品券から「換金性の低い特定の商品」へ変更しています。

また、3000円程度の商品券やギフト券をプレゼントしているキャンペーンで行っている相談サービスもありますが、これは明らかにルール違反になるのでいずれなくなっていくでしょう。

もし、保険相談サービスの利用を考えているのならば、キャンペーンではなくサービス提供している会社の評価などを調べて選びましょう。

相談をしたいという勢いを重視するなら街中の保険ショップへ行くという選択肢もあります。

今の保険を選んだ際にどういったものを参考材料にして決めましたか?ランキングサイトなどのwebサイトを参考材料にした人、職場に来た営業の人の説明や知人の話などいろいろな参考材料があると思います。

そうやって決めたはいいものの、月々の料金がキツい、実は保障内容を理解していないという人も多いのではないでしょうか。

保険無料相談サービスを活用しましょう。

加入当時と現在で生活状況は変わってくるものです。

決心をして相談してみた結果、保障内容がほぼ同じでも月額が今よりも低く抑えられた、今の生活状況により合った内容を発見できたという話も多いです。

皆さんの周りの人で、人から何かを勧められると断りづらいと感じてしまう人はいませんか。

そういう方の中には、勇気を出して保険無料相談をしたときに新しい保険を勧められ、断りにくいと思ってしまいそのまま契約してしまう。

その結果、自分のライフプランに合わない保障内容になってしまうなど様々なトラブルにつながる可能性があります。

なので、ここではFPの見極めるポイント、断り方について書こうと思います。

基本的には「検討させてください」、「念のため、ほかにも相談したい」のどちらかを言えば大丈夫です。

保険は人生で2番目に高い買い物と言われており、本当にお客様目線に立ってくれるFPなら止めないはずです。

もし強引に引き止めてくるようなら信頼できないFPと言えます。

毎月の支出をどうにか低くしたい、というのは将来のことを考えると感じていると思います。

保険料金が節約できるかもしれません。

最近、テレビなどのメディアで耳にする保険無料相談を利用してみるのはどうでしょうか?でも、いざ利用しようと思っても保険の知識がなくても大丈夫なの?相談に行ったら必ず何かを契約しなきゃいけないみたいで行きにくい。

というイメージを持ってしまう方もいるのではないでしょうか。

安心してください、知識がなくても今、契約中の保険の切り替えをしない方も見直しをしてもらえます。

その場合は、契約中の保険証券などをFPに見せるとよりどう行った内容かわかりやすくなります。

CMを見て保険無料相談を申し込んだけれど、あまりこちらの要望を聞いてくれないいという話を聞きます。

では、有料の保険相談を検討してみてはどうでしょう。

有料相談サービスの値段相場は大体5000から20000円くらいが多いようです。

有料のメリットとしては、無料相談と違い無理に契約を狙うものではないことや無料相談サービス内で相談者からの評価の高い優秀なFPが担当してくれることが多いことです。

そのため、無料相談よりもお客様目線でアドバイスをしてくれることが多いです。

また、有料相談を行なっているところは、独自の認定基準を設定しています。

「相談に満足しなかった場合は、相談料を返す」という点もその基準への自信の表れでしょうか。

時間をかけて優良な担当者に当たるまで担当者を変えて無料で済ますという方法もあります。

Tポイントやマイルなどのポイントが保険無料相談をするとプレゼントされろというキャンペーンを見かけます。

高額ポイントの付与キャンペーンをしているサービス名が聞いたことのないものばかりで実際にポイントが付与されるかわからないですよね。

こう行ったキャンペーンの名上がれとしては、数回の面談を実施し、アンケートに答えると付与というパターンが多いです。

そのため、最初の面談等で契約をしないと見られたらその後の面談がなかなかできないなどポイント付与の条件に満たない状態で放置される可能性があります。

そのため、ポイントが欲しいからという目的で申し込むのはやめましょう。

引用:【保険の無料相談】保険の見直しはプロにお任せ!【簡単予約】