保存食品の栄養と非常食について

保存期間、価格と同じで、保存食品でも重要視される要素があります。
それは、栄養です。
例えば、台風、大雨などがありますよね。
この程度なら、そこまで栄養に関して考える必要はありませんよね。
しかし、大災害やパンデミックなどの発生した場合、その保存食で一週間、ひと月ほどは暮らさなくてはならなくなってきますよね。
そうなると、栄養の摂取ということが重要視されます。
そういう意味では、保存食の栄養素は軽視できないと言うことです。
特に、各施設に用意しておく非常食については、子供が摂取できる物、子供に重要な栄養素という観点で保存食品の栄養を考えましょう。
その必要があると言えます。
保存食品にとって最も重要な栄養素と言うのは、熱量です。
つまりカロリーですね。
(笑)。
カロリーは、女性にとって大敵ですよね。
一日に必要なカロリー摂取量をちゃんと確保しないと、身体に力が入りません。
また健康を害して、抵抗力を失います。
そして、病気になりやすい状態になってしまいますよ。
(汗)伝染病の恐れがある大災害時の避難所でカロリー不足になると、それが致命的になってしまうこともあります。
注意しましょう。
カロリーをある程度は摂取できる保存食品があります。
それは、カロリーメイトです。
お粥、ごはん、肉や魚の缶詰、インスタントラーメン、レトルト食品全般などです。
これらは比較的高カロリーです。
また、塩分も必要です。
そうなると熱中症などになります。
非常食 缶詰・ドライフードランキング